クビンスの搾りかすで簡単カレー

搾りかすが思った以上に使えることを知って
さっそくカレーを作ってみました。

主婦のひとり昼食で試しました(笑)

搾りかす入りカレーの材料と作り方

・材料

人参とりんごの搾りかす 60グラム
じゃがいも 中1こ
玉ねぎ 4分の1
ドライトマト 10こ(生のトマトでOK)
卵 1こ
にんにく、生姜のみじん切り合わせて15グラム
粉末カレー粉、シナモン、ウスターソース、塩、オリーブオイル

DSC_0258

・作り方

1.オリーブオイルをフライパンに入れて
生姜とにんにくのみじん切りを弱火で炒める

2.全ての野菜を入れて中火で炒める

DSC_0259

3.水をひたひたになるくらい注いで弱火でふたをして5~6分煮る

DSC_0263

4.カレー粉、シナモン少々、ウスターソース、塩を入れて味をつけ、3分ほど煮たら中央に卵を落としてふたをして半熟になるまで待つ。

DSC_0264

5.出来上がりです、お皿に盛り付けていただきます。

DSC_0266


・材料
人参とりんごの搾りかす 60グラム
じゃがいも 中1こ
玉ねぎ 4分の1
ドライトマト 10こ(生のトマトでOK)
卵 1こ
にんにく、生姜のみじん切り合わせて15グラム
粉末カレー粉、シナモン、ウスターソース、塩、オリーブオイル

・搾りかす入りカレーの作り方
1.オリーブオイルをフライパンに入れて
生姜とにんにくのみじん切りを弱火で炒める

2.全ての野菜を入れて中火で炒める

3.水をひたひたになるくらい注いで弱火でふたをして5、6分煮る

4.カレー粉、シナモン少々、ウスターソース、塩を入れて味をつけ、
3分ほど煮たら中央に卵を落としてふたをして半熟になるまで待つ。

5.出来上がりです、お皿に盛り付けていただきます。

手早くありあわせの野菜で作った搾りかすカレー。
かなりの量です、1.5人分くらいあるかも・・
味に複雑さがあり、
搾りかすが他の野菜をうまくまとめている感じです。
優しく味わい深く、とてもおいしくいただきました。

トマトはドライトマトを使いましたが
生のトマトでも、もちろんいいし
野菜はピーマンやしめじなどきのこ類を入れても。

香り付けはにんにく、しょうが、シナモン、カレーパウダーですが
クローブやクミン、ナツメグ、ガラムマサラ、フェンネルなどを入れるとよりスパイシーで薬効が高くなります。

搾りかすがあまったら冷凍にしておけば
いつでも搾りかすカレーが作れるので

突然の来客の食事にも活躍しますよ。
クビンスでフローズンデザートを作って差し上げれば
満足していただけること間違いなし。

マンゴーシャーベットは
アイスクリームのなめらかさですよ、しかも砂糖なしで甘い。

DSC_0991

今日の搾りかすカレーで摂取できる野菜の量は・・

搾りかす(60g)、じゃがいも(110g)、玉ねぎ(50g)、
トマト(50g)、にんにくとしょうが(15g)

合わせて、285gです!

1日に摂取したい野菜の量は350gと言われています。
比較的たくさん野菜を食べている年配の方でも足りないようです。

朝にクビンスで作ったジュースを1杯飲んで
お昼に搾りかすカレー、それだけで野菜はたっぷりです。

ジュースで水溶性食物繊維を、
搾りかすカレーで不溶性食物繊維を取って
バランスもばっちりですよ。

野菜の繊維はからだにとって大切な要素なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です